さくらボウル神戸大学ルークス制す

【一般女子・全国】

第5回女子タッチフットボール全日本王座決定戦、さくらボウルが1月3日東京ドームで行われ、学生チャンピョンの神戸大学ルークスが東京グレートアローズを下し初の王座に就いた。

先制したのは神戸大学であったが、学生タッチフットボール経験者を中心に構成するグレートアローズが立て続けにタッチダウンをあげグレートアローズのリードで前半を折り返した。

後半に入ると神戸大学も逆転のタッチダウンをあげるものの、すぐにグレートアローズも再逆転のタッチダウンをあげるという激しいゲーム展開をみせた。この展開は直後も続き、続くキックオフでは神戸大学がキックオフリターンタッチダウンをあげ再々逆転、3度目のリードを奪った。

4Qに入るとグレートアローズがパス主体の攻撃で得点をあげ、こちらも3度目のリードを奪うまさにシーソーゲーム。

そして4Q残り1分12秒で自刃深くで攻撃権を得た神戸大学は、QB東本のランでゲインを重ね、残り11秒でWR吉永へのタッチダウンパスを決め同点。続くPATもQBキープで決める大逆転。

そのまま試合は終了し、28対27で神戸大学が初出場で初優勝の栄冠に輝いた。MVPは神戸大学のQB東本幸子選手。

2000.1.3 東京ドーム
  1Q 2Q 3Q 4Q R
神戸大学ルークス 7 0 14 7 28
東京グレートアローズ 6 7 7 7 27

関連リンク

神戸大学ルークス
http://www.std.kobe-u.ac.jp/rooks/home-J.html
神戸大学ニュースネット
http://www.std.kobe-u.ac.jp/newsnet/index.html

2000年1月 3日

FINAL TOUCH -第2日- J FLAG 2000 西日本大会はレベルズ優勝