シュガーボウル2012オープン決勝の結果

【オープン・タッチフット】

6月17日に開催された第21回シュガーボウル(横浜スタジアム)。オープン決勝の結果です。 ※正式な試合試合結果については、JTFA等の発表を確認ください。

シュガーボウルオープン決勝
2012-06-17 試合終了
19
61Q6
132Q0
03Q0
04Q6
-OT-
12
Ráfaga   Rise2003

2年連続で同じ組み合わせとなった、シュガーボウル、オープン決勝はRise2003(西日本2位)とRáfaga(西日本1位)。昨年は1点差でRise2003が勝利しておりRáfagaとしては雪辱をかけた再戦となります。

試合は、Ráfagaが第1Q、4:07に先制すると、Rise2003も第1Q終了間際に同点に追いつく拮抗した立ち上がりとなりました。 しかし準決勝でQBを負傷で失ったRise2003は第2Qに入ると守勢に。

Ráfagaは第2Q残り2:04。0:49と立て続けにタッチダウンを決め、2ポゼッション差として前半を終えました。

第3Qに入るとゲームは再び緊迫したゲームとなり、第4Q、早々にRise2003がタッチダウン。TD1本差として逆転を狙う展開。つづけてRise2003は、Ráfagaのパスをエンドゾーンでインターセプト。

この時点で残り時間は3:55。

Rise2003は逆転を狙うドライブを開始しますが、Ráfagaのスピードあるラッシュにゲインを稼げず、自陣10ヤードからのドライブを1ヤードも進めることなく攻撃権はRáfagaに。

Ráfagaは敵陣1yまで攻め込み、得点は確実かと思われましたが、Rise2003はこの攻撃をしのぎきり、残り1:30。自陣1ヤード地点から最後のドライブを開始します。

Rise2003は、時間をコントロールしながらのパスや相手のパーソナルファールでゲインを続け、敵陣17ヤードで1stダウン獲得。残り時間は39秒。同点、そして逆転が見えてきたこの場面。Ráfagaディフェンスライン陣が高い集中力を発揮。タッチダウンを狙うRise2003のQBに対し連続サック。

残り15秒で相手の攻撃を押さえ込んだRáfagaはそのままニーダウン。

Ráfagaが2回目のシュガーボウル出場で初の優勝を飾りました。

オープン部門の順位、個人表彰は以下の通りです。

優勝:Ráfaga
準優勝:Rise2003
3位:東京リベンジャーズ
3位:F.C.JUMBLE
5位:松本ピークス 5位:Blue Moon

MVP

  • 栗岡平始(Ráfaga:#10)

ベスト6

  • Simon Eden-Walkar(松本ピークス:#36)
  • 新井 睦(Blue Moon:#13)
  • 井岡 淳(F.C.JUMBLE:#9)
  • 岸本 亮(Rise2003:#14)
  • 矢谷 敬文(Ráfaga:#37)
  • 大坪 陽介(東京リベンジャーズ:#82)

2012年6月17日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.superfreaks.jp/blog/mt-tb.cgi/415

シュガーボウル2012 6月17日開催-レディース組み合わせ シュガーボウル2012 レディースの結果