タッチフット・フラッグフット

タッチフットって?

どんな所でやるの?

作成日:2009年09月29日
更新日:2010年03月28日

フィールドのこと

フィールドは、縦60ヤード、横幅が40ヤードの長方形の形をしています。 縦方向にそれぞれ10ヤードずつのエンドゾーンと呼ばれるスペースがあり、ここにボールを持ち込むと得点となります。

ちなみに1ヤードは9.14メートル。タッチフットボールではヤードという単位を使います。

練習ならもっと省スペース

メートルにすると、と、それなりに広いスペースが必要となりますが、これだけのスペースはなかなかとれません。

でも練習ならもっと狭い場所でも大丈夫です。

  • 奥行きを狭めてプレーをする
  • 左右どちらか片方だけで練習する

などなど。 準備したプレーを出し合うタッチフットボールなら、一つ一つのプレーを分解して練習することも可能です。

工夫次第で様々な場所で、いろいろな楽しみ方があるのです。